四季を問わず使える風呂敷の柄とは

 風呂敷は、昔から日本文化の中で便利なアイテムとして
重宝されてきたものです。

カバンとは違い、物を運び終わったら小さくたたんで仕舞うことも出来ますし、
常に持ち歩くことが出来るコンパクトさのおかげで、今で言うマイバッグのような
存在だったと言っても過言ではないでしょう。

コンパクト

時が経った今も風呂敷を活用するシーンは色々とあるので、
一つ自分のために購入しようと思っている方もあるかもしれません。

茶道や華道など和のお稽古をする場合には、何かと活用する場面もありますし、
お歳暮やお中元などを大切な方へお持ちする場合にも、風呂敷に包んで行くことで
格が上がると言っても良いほど、しっかりとした印象を相手に与えることが出来ます。

四季を通して使える柄を選んでおくことで、何枚も風呂敷を持つ必要が無いので
お財布にも優しいと言うことが出来ます。

財布に優しい

桜や紅葉などは、可愛くてついつい欲しくなってしまいますが、市松模様や
青海波、無地などのものを選ぶ事で様々な時に使う事が出来るのでお勧めです。

リストタイトル
楽しみ方
収納
意外な使い方
風呂敷の色
おしゃれとして
江戸時代
ホームページ
包む文化
慶弔
活用法
サブバッグ
結婚挨拶に
ご利用方法