風呂敷を使って衣替えアイディア

色には「寒色系」と「暖色系」があります。
青っぽく、見ているとひんやり感じる色、冴え冴えした色は「寒色系」、
赤みのある、ぽかぽかした印象を受ける色は「暖色系」と呼ばれています。

衣類と同時に風呂敷も衣替えすることができ、使う側もそれを見る方も、
季節感たっぷりに生活を彩ることができます。

季節感溢れる

風呂敷を何枚か集めると、色合いと柄から、「これは夏にはちょっと使いにくいかな、冬用だな」と
言った感覚で、自然と季節感が現れていることに気がつくと思います。

日本の文化は四季をはらんで育ちましたので、伝統的な色や柄は、
おのずと四季に感覚の重きを置いています。

風呂敷を何色かそろえ、季節感にあわせて使うと、衣替えにも便利です。

そういうものは是非、衣替えの衣類をまとめて使いましょう。
冬に使うものをひとまとめにして冬っぽい柄のもので包み、
片付けることで、また来期には風呂敷ごと再登場してくれる、と言う寸法です。

きゅっと結ぶと、スペースも小さく片付きますよ!

スペースを取らない

リストタイトル
楽しみ方
収納
意外な使い方
風呂敷の色
おしゃれとして
江戸時代
ホームページ
包む文化
慶弔
活用法
サブバッグ
結婚挨拶に
ご利用方法